成功報酬が基本

弁護士への報酬というのは基本的に成功報酬となっています。

弁護活動の結果としてどのくらいの成果があったかによって報酬も変わってくるのです。

交通事故に関していえば、どのくらいの保険金や賠償金を回収できたのかによって、弁護士に支払われる報酬も変わってくるのです。相手から回収した金額をベースとするか、交渉によって増額した金額をベースとして、そのうちどのくらいの割合を弁護士の取り分とするのか決めることになります。

契約の際には成功報酬がどのような取り決めとなっているのかをはっきりとさせておきましょう。また、成功報酬というのは自由に設定することができます。そのため、それぞれの弁護士事務所ごとに割合が異なっているため注意しましょう。

10%となっているところもあれば、20%となっているところもあるのです。弁護士費用を安く抑えたいならば、できるだけその割合が低いところを選ぶと良いでしょう。ただし、成功報酬が相場よりもあまりにも安すぎてしまうと質の高い仕事を期待できないかもしれません。

そのため、成功報酬の安さだけに注目するのではなくて、その弁護士事務所の実績や専門性の高さなどにも注目しておきましょう。

さまざまな点を比較して弁護士を選ぶべきです。