人身事故と弁護士費用


車の交通事故にあった場合、主に2種類の事故が考えられます。1つは物損事故です。こちらは人に被害はなくて物だけが壊れるというものです。たとえば車が損壊してしまうというケースが考えられます。一方、人身事故というのは人に被害が及んでしまうというものです。ケガしてしまったり、死亡してしまった場合のことです。

交通事故基本的に物損事故の場合は慰謝料を請求することができません。慰謝料というのは精神的なショックに対して支払われるものという定義があります。そのため、物損事故ではそれほど精神的なダメージを受けていないと考えられるのです。一方、人身事故の場合はさまざまな名目のお金を請求することができます。そのため、交通事故の被害にあったならば、たとえ軽いケガだったとしても必ず人身事故として届け出るべきとされているのです。

人身事故でどのくらいのお金を請求できるのかは、それぞれのケースによって異なります。また、相手方の保険会社はできるだけお金を支払いたくないと考えています。そのため、きちんと対処しておかないと相手に丸め込まれてしまう可能性もあります。そこで弁護士を雇うという選択肢が出てくるのです。弁護士を頼ることによって、できるだけ多くのお金を請求することができるでしょう。それでは弁護士を利用するためにはどのくらいの費用がかかってしまうのでしょうか。こちらでは交通事故で人身事故にあった場合に、弁護士を利用するための費用について教えます。